仕事で辞めたいと悩むあなたへの5つのアドバイス

 

仕事を辞めたいときみんなはどうした?

 

「仕事を辞めたい」と誰かに相談すると、引き止められるケースが多いと思います。

 

「もう少し、頑張ってみたら」「もったいない」「根性がない」などと言われて、「誰もわかってくれない」と感じ、せっかく相談したのに、逆に気がめいったという方もいらっしゃるかもしれません。

 

それでも、やはり「安易に実行に移してほしくない」「しっかりと、考えていただきたい」と私も思います。

 

その理由は、私自身が、数々の転職における失敗をくり返してきた人間だからです。

 

安易な転職をしては、辞めるんじゃなかったと「後悔」し、ブラック企業で耐え続けて、うつ病になり、自分の能力以上の仕事にチャレンジして大失敗・・・・などと、実にバラエティに富んだ、失敗をくり返してきた私だからこそ、あえて、声を大にして言いたいのです。

 

もちろん、結論を出すのは、あなた自身ですし、ご自身の能力や職種、状況なども様々であり、一般論として語れることではないことは、わかっています。

 

でも、こんな私の失敗談を聞いてみて、参考に出来ることが、あるかもしれません。

 

どうか、少しだけ、耳を傾けてみてください。

 

八方ふさがりにみえた現状に、突破口が見いだせるかもしれませんよ。

 

@「辞めれば、素晴らしい未来が待っているのでは?」と考えているあなたへ

 

実は私は、以前、ある有名企業に勤めていました。まだ20代前半の頃です。

 

確かに仕事は、ハードでしたが、大企業ならではの高額で安定したお給料や、福利厚生の充実、世間体の良さなどのメリットについて、イメージとしては理解していたものの、実感としては理解できていなかったのですね。

 

「なんだか、つまらない」という、今考えると、なんとも意味不明な理由で、あっさりと辞めてしまいました。

 

当時は、バブルの全盛期で、仕事なんていくらでもみつかるとタカをくくっていたこともありましたし、なにしろ若かったですので、世間を甘く見ていた部分もあったのだと思います。

 

後悔したのは、辞めて20年後くらいでしょうか。

 

自分の現状と、以前勤めていた有名企業で同僚だった女性たちの現状を見比べて、「こんなにも違うのか」という思いに愕然としたことが、きっかけだったと思います。

 

お給料にもずいぶんと格差ができてしまいましたし、充実した福利厚生のおかげで、自分が現状において、悩んでいることが、あっさりと解消されていることは、本当にうらやましいと感じました。

 

さらには、管理職としてバリバリと働いている以前の同僚をみて、もし、辞めずに続けていたら、どうなっていたかと考えずにはいられませんでしたね。

 

「後悔している」というのは事実です。でも、厳密に言えば、「後悔している」のは、辞めたこと自体ではなく、「よく、考えずに辞めるという結論を出してしまったこと」に対してなのではないのかと分析しています。

 

もし、もっと考えた上での、決断だったのであれば、後悔しなかったのではないかと。

 

あの時、自分が「つまらない」と感じた理由はなんだったのか、それが辞めることで解消されるのか、辞めても後悔しないか、もっときちんと考えて出した答えなのであれば、例え、現状が以前の同僚たちに比べて劣ったものであったとしても、「自分なりに出した結論に従ったこと」に対して、これほどの後悔の念はわかなかったのでは、ないでしょうか。

 

確かに、仕事を辞めた直後に、一時の高揚感や達成感を感じたのも事実です。しかし、その思いは長続きしませんでした。

 

あの時の私は、とにかく辞めさえすれば、新しい何かが待っているのだと、やみくもに信じていたような気がします。そして、同じ場所に留まることや、安定を求めることを、どこかで馬鹿にしていたような思いさえあったように思います。

 

確かに、独特の時代背景や若さの影響もありましたが、それに流されずに着実に自分の道を歩んでいた人たちもたくさんいました。やはり原因は私自身にあったのだと思います。

 

もし、同じような思いで、「辞めたい」と感じている方がいらっしゃるなら、もう一度思いとどまって、よく考えてみてください。

 

あなたは、今の仕事を失っても、絶対に後悔しませんか。今の仕事の良さを、本当に理解していますか。20年後、その決断は間違っていなかったと、胸を張って言えますか?

 

大丈夫だと言えるのなら、どうぞ、次の一歩を踏み出してみてください。考えあぐねるようであれば、もう一度、じっくりと、考え直してみてほしいと思います。

 

A「ステップアップしたい」と新しいチャレンジのために辞めたいと思っているあなたへ

 

実は、40歳にして、現状の仕事からのレベルアップをはかるため、転職したことがあります。本音を言わせていただくと、エピソード@で、お話したように、以前の同僚たちに触発されての、決断でした。

 

「自分だって、まだまだやれる」と思いたかったと同時に、「レベルアップするなら、年齢的にもこれが最後のチャンスだ」と感じたことも背中を押した理由の一つです。

 

結果は、どうだったかと言えば・・・・惨敗でしたね。以前、学んだ知識はすでに時代遅れでしたし、体力的にもすでに限界でした。それでも、本人のやる気があれば、なんとかなったのかもしれませんが、私にはもっとも大切なそれが欠けていたのです。

 

わが子のような年齢の人たちに指示を仰ぐような状況においても、余計なプライドが邪魔をしましたし、謙虚に学ぼうと心に決めていたはずなのに、その姿勢を保ち続けることができませんでした。

 

結果的には、3年ほどで、体調を崩して、退職することになりました。

 

「40歳にもなって、なにをやっているんだ」とお叱りの言葉を受けそうですが、私自身も同じ気分です。当時の自分をしかりつけてやりたい!(笑)

 

まず、転職という重要な局面において、私がみているのは、「以前の同僚に負けたくない」「まだまだやれるとまわりに認めてほしい」などという「周りの様子」ばかりですよね。

 

もっとも重要な、自分自身の適性や体力、やる気や知識などの要素、つまり肝心の自分に目が向けられていません。

 

もし、私がもっと自分自身に目を向けて、冷静に自分自身と目の前の壁について分析して挑んでいたのならこのような失敗をすることはなかったでしょう。

 

「私には無理だ」と判断し、別の道を選んでしたかもしれませんし、あるいは、あらかじめ、目の前の壁がどれだけ高いものかに気づくことができ、意識を変えて取り掛かることにより、事態を好転させていたかもしれません。

 

もし、あなたが、これから何か新しいこと、高度なことにチャレンジしようとしているのであれば、もう一度考えてみてください。

 

  • 根性や気力、運だけで乗り切れると思いこんでいませんか?
  • 自分自身をしっかりと分析し、目の前の壁を本当に乗り越えられるのか、よく考えましたか?
  • どれだけの困難や障害に立ち向かわねばならないか理解していますか?
  • 立ち向かえる、心の準備はあります?

 

厳しいことを言うようですが、どうか私自身のような失敗をしないためにもぜひ、もう一度考えていただきたいと思います。

 

特に年齢を重ねたケースでは、自分が思っている以上に無理がきかないケースや、余計なプライドが邪魔をするケースがあり、それに加え、若い頃のようにやり直しがききにくくなるというデメリットもあります。

 

どうかもう一度、胸に手を当ててよく考えてみてください。

 

ここまで読んで、もし、私は大丈夫と胸を張って言えるのなら、それこそ、私が口出しすべきことではありませんね。むしろ、あなたなら大丈夫と、私の方が太鼓判を押したいくらいです。

 

ぜひ行動に移して、新たな未来を切り開いていただきたいと思います。

 

B「もっとよい職場がある」と転職先を紹介された、あなたへ

 

転職エージェントって利用したことありますか?うがった見方をすれば、彼らは「転職させるプロ」。転職先を素晴らしいもの、明るい未来にみせるプロでもあるのですよね。(笑)

 

転職エージェントに紹介され、転職前に、会社を見学したのですが、新しい会社ですし、設備も最新式で、実にオシャレで素敵な空間。

 

上司もなんだかフレンドリーで親しみやすそうだし、お給料はちょっと少ないけど、まあ、実績次第でアップしてくれるみたいだし、雑誌にも掲載されていて、友達にも自慢できそう・・・。

 

しかも転職エージェント、一押しの転職先で、「採用は一名だけですよ」などと、背名を押してきます。

 

「さっさと、決めないと、後悔する!」そんな思いで就職したこの会社。でも、とんでもないブラック企業でした。

 

口約束ばかりで、お給料は一切アップしませんし、フレンドリーに見えた上司は、実はセクハラの常習犯。

 

確かに外観は、オシャレで素敵ですが、その理由は、上司が、神経質なほど、きれい好きで、しかも経費削減のため施設の掃除を、職員にさせるため。もちろん、1年余りで退職しました。

 

「仕事を辞めたい」と思っている時は、まさに「隣の芝生が青く見える」状態。

 

そんな時に、転職エージェントに「こんなに素敵な職場がありますよ」などと提示されると、実はそれほどよい職場でなくても、キラキラと輝いてみえたりするものです。

 

しかし、求人を出しているということは、不満があって誰かが辞めたという可能性があるわけですよね。

 

不満のない職場は、辞める人がいないので、求人が出ていないと考えるべきですし、そもそも、100%不満や問題点のない職場は、存在しません。

 

だからこそ、転職エージェントの提示するものも含めて、求人票はまさに「鵜の目鷹の目」で、あらさがしをするくらいの気持ちで、みることが必要です。そのことを肝に銘じておくべきですね。

 

新しい転職先に魅力を感じて、仕事を辞めたいと感じているあなた。

 

その情報は本当に信用できますか?仕事を辞めたいという気持ちが先行しすぎて、チェック体制が甘くなっていませんか?

 

一度、冷静になって、もう一度考えてみましょう。

 

C現状が辛くて耐えられない、苦しいと悩んでいるあなたへ(かなり深刻な場合)

 

30代の頃働いていた職場の話です。はじめは、ごく普通の会社だったのですが、急激に業績が伸び始めたころから、上層部の意識が変わり始めました。

 

とにかくお客様第一、「そのためには職員はすべてを犠牲にすべき」みたいなスローガンが打ち立てられ、意義を唱えるものや、仕事について行けないものは、自ら退職していくようになりました。

 

そうなってくると、不思議なもので、残った職員たちの中には、「自分たちは選ばれた人間だ、優秀な人間だ」みたいな感覚が植え付けられていくんですよね。

 

そのような雰囲気は、どんどんエスカレートしていき、職員全員がまさに身を粉にし、家庭を犠牲にして働くことが、あたりまえとされるようになりました。

 

もちろん、有休消化など1日たりとも認められませんでしたし、残業時間もどんどん増えていきました。文句をいうことはおろか、愚痴すらも、はがかられるムードになりました。

 

ある程度の競争心なら、お互い切磋琢磨しあって、仕事にもよい影響をもたらすものですが、こうなるともう、お互いのチェック機能が厳しくなりすぎて、一瞬たりとも気を抜けない状況に。

 

毎日、疲労困憊の上、休日は息抜きどころか、ほとんど寝て過ごすような日々を送ることになり、精神的にも追い詰められていったのだと思います。

 

そんな中、私は「うつ病」を発症しました。きっかけは、風邪をこじらせて、3日ほど休んだことだったと思います。

 

そのことで、上層部に責められることは覚悟していましたが、まさか同僚たちにまで、冷たい視線を投げかけられるとは思っても居ませんでした。

 

「こんなに忙しいのに、よく平気で休めるな」などと陰口をたたかれ、昼休みに孤立するようにもなりました。まさに、孤立無援の状況でした。本当に辛かったですね。

 

今ならわかります。精神的な疲労と、体力の消耗により、私を含めて、すべての職員が正常な判断ができなくなっていたのだと。

 

どう考えても異常な職場であり、明らかな「ブラック企業」であるにもかかわらず、すべての職員が、そのことに気づいていませんでした。ある種の「洗脳」に似た状況だったのではないかと思います。

 

そんな状況で、上層部が「あいつは使えない」と一言いえば、他の職員はその言葉に従うほか選択の余地はありません。

 

もし、逆らえば、今度は自分が標的とされかねないからです。私をいじめの標的にした、職員たちが悪いのだとは、思いません。

 

実際、それまでにも、私自身、同じようなことをしてきましたし、そうせざるを得なかったからです。

 

最終的には「うつ病」を悪化させて、食事を一切受け付けなくなり、心配した夫が仕事を辞めるよう働きかけてくれたおかげで、私は仕事を辞めることができました。

 

本当に夫には感謝しています。なぜなら、あのような状況でさえ、私自身は、「仕事を辞めなければならない自分が自身を恥ずかしくて、情けないもの」だと感じ、仕事を続けたいと懇願していたから。

 

夫がいなかれば、仕事を辞めることはなかったでしょう。もう、完全に正常な判断ができなくなっていたのですね。あのまま働き続けていたらと思うと、今でもぞっとします。

 

激務が原因で、過労死したり、自殺したりしたケースについて、報道されているのをテレビで見たことがあります。

 

あるコメンテーターが、「こうなる前に、なんとかならなかったのか」とコメントされていましたが、そうできない深い闇が、この事実の裏側にはあります。

 

ブラック企業の本当の恐ろしさとは、こういうことなのだと改めて思い知った出来事でした。

 

これまで、何度も、よく考えてほしい、もう一度見直してほしいと声を大にして訴えてきました。しかし、今回の私自身のケースのように、精神的に正常な判断ができなくなった場合は別です。

 

こうなると、自分自身で考えたり、判断したりすることは、ほぼ不可能になります。迷わずに、信頼できる誰かに助けを求めましょう。

 

もし、自分では「大丈夫」「心配ない」と感じていたとしても、心ある人たちが、「おかしい」「間違っている」というのなら、耳を傾けてみるべきなのだとも思います。

 

そうできない状況であるという点が、「うつ病」などの精神疾患のむつかしいところでもあるのですが、あなた自身の命や生活を犠牲にしなければならないほど、重要な仕事なんて、絶対に存在しません。

 

状況によっては、早急な対応が必要になります。「そのうちに」「時間ができたら」などと思わずに、すぐに行動しましょう。

 

私自身、病気のため、デパートの屋上から飛び降りてしまおうかと思ったことさえありました。その時、ふと夫の顔が思い浮かび、思いとどまったという経緯があります。

 

あなたを支えてくれる誰かは、かならず居ます。必ず未来は開けますので、どうか勇気をもって、一歩を踏み出してください。

 

D現状が辛くて耐えられない、苦しいと悩んでいるあなたへ(Cほど深刻ではない場合)

 

確かに仕事を辞めたい、辛いとは感じているけれども、上記したケースほど、深刻ではないし、まだ、十分自分で判断することはできるという方も多いでしょう。

 

ただ、仕事自体が辛いことは確かですし、そのような状態が続けば、今後深刻な状態に発展しかねないとも限りませんよね。

 

そのような場合は、どのように考えればいいのでしょうか?

 

私自身の経験から、お伝えしたいことをいくつか挙げてみました。

 

辛くて耐えられない原因@ 仕事が辛い

 

上記したような「ブラック企業」の場合は、論外ですが、きちんとした会社であっても、仕事が辛いと感じる場合はよくあります。この、根本的な原因は、「あなた自身の仕事に対する適性」と「仕事自体」のずれが大きいことだと私は思います。

 

「残業が多くて辛い」と感じるのであれば、その残業量に適応できる体力や、残業量を減らす能力が足りないのだという見方もできます。

 

「ノルマが辛い」と感じるのであれば、それに対応できる能力や、精神力が足りないのだという見方もできます。

 

もちろん、会社自体に「残業を減らせ」「ノルマをなくせ」と声を挙げることが不可能だとはいいませんが、現実的な対応策だとは思えません。

 

ここでもう一度考えてほしいのは、「あなた自身の仕事に対する適性」と「仕事自体」のずれを最小限にしていける可能性があるかということです。

 

今後、努力ややる気で、このずれを減少させていけるのなら、仕事を続ける価値はあると言えます。しかし、減少させられる見込みがないのであれば、「転職」が、一つの選択肢となります。

 

ここで、一つ気を付けてほしいことがあります。

 

それは、あなた自身の体力や濃色、精神力が、足りないという言葉を使いましたが、それは決して「劣っている」という意味ではないという事。その仕事に対して、あなたは向いていないが、別の仕事なら、向いている可能性があるという意味です。

 

決して、そのことで、自分自身がダメなのだとは思わないように注意してください。

 

実際「短所」だと思えることは、裏を返せば「長所」になります。例えば、「おとなしい」「消極的」だと言えば、「短所」に聞こえますが、裏を返せば「控えめ」「温和」「穏やか」という「長所」として捕らえることが出来ますよね。

 

また、営業において「消極的」なことは、決してプラスには左右しませんが、事務的な作業をコツコツ真面目にやる仕事などにおいては、むしろ歓迎されたりする一面もあります。

 

ものごとは、いろいろな見方ができますし、仕事によって要求されることは、変わってくるという事です。

 

どうか、もう一度、「あなた自身の仕事に対する適性」と「仕事自体」のずれについて、しっかりと考えてみてください。

 

そのことで、今後の方向性が見えてくるはずです。それによって、「もう少し頑張ってみる」と思えるのであれば、それもよし、「思い切って転職する」と思えるのであれば、それもまた一つの選択肢です。

 

手前味噌で申し訳ないのですが、私自身、このことをしっかりと見据えた転職をしたおかげで、現在は、満足できる職場で、実力を発揮できて、信頼を得られる、楽しい毎日を過ごしています。

 

こんなに失敗だらけの私にも、道は開けたのですから、あなたならきっと大丈夫。ぜひ、ご自身で、明るい未来を切り開いて下さい。

 

辛くて耐えられない原因A 人間関係が辛い

 

「人間関係が辛い」ことは、職場において、もっとも苦しいことかもしれません。

 

実際、私自身が「うつ病」を患った原因は、仕事内容ではありましたが、悪化させた要因は、人間関係に起因するものであったと思います。

 

「まわりに受け入れてもらえない」「孤立している」「心無いイジメや嫌がらせをうける」という事実は、自分自身の人格を否定する要因になり、仕事のモチベーションを下げ、しいては、うつ病などの精神疾患を引き起こす事態を招きます。

 

あくまでも自論ではありますが、人間関係というのは、一度こじれると修復がやっかいなものであると思います。

 

例え、修復されてもわだかまりが残ることは避けられませんし、人間の記憶が消されるわけでもありません。

 

自身が、どうしてもつらくて耐えられない、我慢できないというレベルなのであれば、「転職」して、新しい人間関係を構築して、のびのびと働く方がよいのではとも感じます。

 

どうして、イジメや嫌がらせをするような最低な人間のために、私が転職しなければならないのかとも感じるでしょう。できれば相手に転職してほしいとさえ思いますよね。

 

しかし、ご存知のように、その考えは現実的ではありません。中には、相手に変わってもらうことを期待しようとする人もいます。

 

しかし、人をイジメるような人間に、自ら反省を促し、悔い改めるなどという期待を持つこと自体、時間の無駄。あなたがそんな面倒な指導役を買って出る必要もありません。

 

それならば、さっさと見切りをつけて、邪魔で重い荷物を捨ててしまった方が得策なのではないでしょうか。

 

なにより、あなたは、あなた自身の貴重でかけがえのない時間を、そんな最低の人間のために費やしているのです。それこそ、本当にもったいないことなのだと気づくべきだと思います。

 

転職が不可能なのであれば、配置換えを希望する、パート勤務などに変更して、接触時間を最小限にするなどの対応を検討することもできます。

 

女性同士であれば、プライベートなかかわりが多くなる「お昼休み」のない、午前中のみのパート勤務にしただけで、改善されたというケースもあるようです。

 

可能性や方法は、たくさんあります。ぜひ、検討してみてください。

 

ただ、一つだけ注意してほしいことがあります。厳しいことを言うようですが、「忠言耳に逆らう」ということわざを思い出して、ちょっと耳を傾けてください。

 

「イジメる」「嫌がらせをする」ということは、決して褒められることではありません。しかし、そうする相手には、相手なりの理由があります。

 

「なんだか気に食わない」「腹が立つ」などといった実に理不尽な内容が多いことが事実ですが、相手は、それを正論だと信じて疑いません。

 

そして、気を付けてほしいのは、どの職場にも似たような人が存在するという事です。

 

そのため、転職先にも同じタイプの人間が存在する可能性がありますし、あなた自身が、そのターゲットになりやすいという可能性が高いとも言えるのです。

 

転職後に注意してほしいのは、「再び同じことをくり返さないこと」。つまり、「イジメ」や「嫌がらせ」をしようと手ぐすね引いて待っているような人たちの罠にまんまとひっかからないように注意することです。

 

ターゲットになりやすいポイントをいくつか挙げてみましょう。

 

仕事でのミスやトラブルが多いこと

 

相手に付け入るスキを与える格好の材料となります。イジメに加担していない人たちにも仕方ないと思わせる要因になりますので、まずはきちんと仕事することが基本ですね。

 

人を不快にさせる行動が多い

 

もともと「空気が読めない」タイプの人もいますので、自分がこのタイプなのだと感じたら、あらかじめまわりにそう話しておく、注意してほしいと促しておくなどの対策が必要です。

 

「仕方ない」「キャラクターだから」と認知されるようになれば、逆に親しみをもってもらえるかもしれません。しかし、できる限り、改善する努力は必要だと思います。

 

周りを不安にさせる

 

行動に一貫性がなく気分屋である、適当な発言が多い、理由がわからないことで怒りだすなど人を不安にさせる要素が多い人は、煙たがられる傾向があります。

 

人に親しみを持ってもらう行動の基本は「相手を安心させること」です。

 

オドオドしている

 

オドオドしている人って、人間の習性から考えると、ついイジメたくなる要素なのだそうです。

 

もちろん、そんな人ばかりではありませんが、一応、心しておくべきですよね。

 

自信過剰・自慢ばかり

 

このタイプは、堂々としている人が多く、一見「イジメ」とは無縁かもしれませんが、なにかのきっかけで、職場全体を敵に回して、標的となるというケースもあります。

 

なにより、一緒に過ごしていて、うんざりさせられることが多くなるので、まわりに人が集まらなくなり、孤立する傾向がありますよね。

 

いかがでしょうか?

 

もちろん、人にはそれぞれ個性があり、改善しようと思ってもなかなかむつかしいという一面もあるかもしれません。しかし、そんな個性を理解しておくのと、関心すら持たないのとでは、大違いです。

 

はっとすることがあるのなら、自分なりに打開策を考慮して、望みましょう。あなたの転職にとって大きなプラス要素になるはずです。

 

まとめ

 

以上、仕事を辞めたいと悩むあなたへ5つのアドバイスをさせていただきました。仕事を辞めるということは、人生においての重大決断の一つでもあります。

 

迷い悩むことも多いでしょうが、しっかりと考えた上での決断なのであれば、例え、それが正しい方向性ではなかったのだとしても、あなたの人生を重厚なものにする貴重な経験になり得ると、私は思います。

 

どんなに深い闇の中だと思えても、必ず明るい未来は開けます。そのための一歩をぜひ、踏み出してくださいね。

 

当サイトでは、深い闇の中にいたという方の体験談を数多く集めています。是非、そういった声もご参考にして頂ければと思います。

 

更新履歴